元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520285952/

1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 06:39:12.95 ID:CAP_USER
幸福は「ポジティブな感情」と「ネガティブな感情」の比が約3に転換点を持つという「ロサダの法則」(いわゆる3対1の法則)は、
心理学の研究として発表されるとさまざまな論文で引用され、
世間では「3褒めて1叱るべし」という謎の教育黄金比をも生み出すほど社会に大きな反響を呼びました。
その後、「元論文の数学的根拠が皆無」と指摘されて、アメリカ心理学会が法則を正式に否定することになったこのロサダの法則は、
数学や心理学などのアカデミックな分野にはいなかったある中年のイギリス人男性の指摘から崩壊することになりました。

The British amateur who debunked the mathematics of happiness | Science | The Guardian
https://www.theguardian.com/science/2014/jan/19/mathematics-of-happiness-debunked-nick-brown

2005年に心理学者のバーバラ・フレデリクソン博士とマーシャル・ロサダ氏によって、
「人間が幸福を感じる転換点は、ポジティブな感情とネガティブな感情の比が2.9013のバランスにある」と結論付ける論文
「Positive Affect and the Complex Dynamics of Human Flourishing」が発表されました。
これは、否定的な感情の量を1としたときに、それを約3倍上回る肯定的な感情がある場合に人は幸福を感じ、
反対に比率が小さければ幸福を感じなくなるというわけで、幸福を数値化することに成功した心理学研究として非常に画期的な結論でした。

ビジネスコンサルタントとして非線形動力学を専門としていたロサダ氏は、
「Positivity(ポジティブ心理学)」を研究するフレデリクソン博士に対し、
理論に適用できる複雑なダイナミクスを提供。このフレデリクソン博士の研究から数学的に編み出されたのが、
「2.9013:1」という幸福の黄金比でした。ロサダの法則を記したフレデリクソン博士の論文は、
他の研究に350回以上も引用されることになり、
さらにフレデリクソン博士自身によって「ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則」として一般書として書籍化されたこともあり、
その後に「教育においては、3褒めて1けなすのが良い」という派生バージョンが現れるほどブームとなりました。

(中略)

当時、イギリスのITネットワーク事業の責任者の職から早期退職して大学院で心理学を学び始めていたイギリス人のニック・ブラウン氏は、
心理学会というアカデミックな世界出身ではないという「駆け出しの素人」でした。
しかし、心理学においては素人のブラウン氏はケンブリッジ大学で工学とコンピューターサイエンスの学位を取得していたという点で、
数学的な素養としては一般的な心理学者以上の知識を持ち合わせていたとのこと。
心理学の素人のブラウン氏は、有名なロサダの法則を自分で検証したところ、
確かに論文で検証された数字が方程式に当てはまるものの、その他のデータが含まれておらず、
法則(方程式)はあくまで"自己参照"しているのみであることに気付いたそうです。
no title


ブラウン氏はロサダの法則に科学的な根拠がないことを明らかにするために、アラン・ソーカル博士に協力を求めました。
ソーカル博士は量子力学の理論が権威ある解釈に左右されているという批判的な論文
「(PDFファイル)Transgressing the Boundaries: Towards a Transformative Hermeneutics of Quantum Gravity」を執筆したことで知られる数学のプロであり、
数学的な裏付けのない理論に対する批判的な目をもつ職人気質の数学者でした。
ブラウン氏はソーカル博士に「自分は名もない大学院生で、自分の主張をアカデミックな論文として発表する術を持たない。
発表したところで論文が採択される可能性は低い」という理由をメールで送ったそうで、
受信から数週間後にメールに気付いたソーカル博士は、協力することを了承しました。

続きはソースで

関連動画
Barbara Fredrickson: The Positivity Ratio https://youtu.be/_hFzxfQpLj



GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180305-british-amateur-debunk-hapiness-law/

7: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 07:52:40.84 ID:id3dUV1B
心理学を学ぶ人間はたいてい精神的にどこか病んでるからなあ。

見たいものばかり見ようとする。

33: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 09:43:07.06 ID:FM2jS1dm
>>7
心理学だけじゃなくて科学者はみんなそう。
自分の見たいものだけを見ている。

例えば、ドイツの科学者が
蟻には仲間を治癒する看護蟻がいるが
戦いで傷ついた兵隊蟻の重傷度が大きい場合は
兵隊蟻は看護蟻の手当をかたくなに拒絶して追い払おうとする
と、論文に出していた。

そんなもん、戦争映画の観すぎの科学者が
自分の見たい場面が出てくるまで蟻の観察を続けただけじゃんw

9: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 08:05:51.46 ID:7uNmB6y7
1: { 1+ (5)^0.5 }/2
以外を黄金比扱いされては困る

15: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 08:24:35.49 ID:I9DUFhLr
>>9
相場でフィボナッチは「みんなが注目するから」以上の意味があると思ってる。

66: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 13:44:26.76 ID:iiEhqThf
>>15
チャートがエリオット波動論に則った動きをするのは
「エリオット波動論は正しい」と考えてるディーラー達が
イニシアチブを取っているだけにすぎないという事実

10: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 08:06:26.98 ID:YLvOaQvn
最近は経営学が心理学やよく分からん法則まで手を広げ出して
オカルトじみて来た。心理学自体がオカルトみたいなもんやのに
経営学というこれまたオカルトっぽい学問の相乗効果でやばい

26: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 09:21:55.53 ID:iHaiG6gp
>>10
ほんとそう思う。
そしてそういう連中が嬉々として読んでる自己啓発本とかがまた
中身ペラくて、端から見てて笑えるやら泣けるやら。

44: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 10:55:22.60 ID:J28EX4R+
しかし、こういうふうに、いろんな人がチェックすることで間違いが
訂正されていくってのは良いことだよな。

間違いに気づかなかった人たちはカッコが悪いけど、それは仕方
がないw

65: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 13:38:16.38 ID:0hoAwN8e
そもそも黄金比って1対ルート2の縦横比で半分にした長方形も当然だけど縦横比が
1対ルート2になるというやつだよな
まず命名のしかたが紛らわしいというか詐欺手法

69: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 14:02:37.84 ID:W46gSAgg
黄金比とか適当なものをすごいことのように
表現するのに適した表現でしかない。

彦摩呂みたいに叫べばそれでいいのよ。
「この●●は、まるで芸術品。素材の◎◎と〇○の黄金比やぁあ!!」

それでなんとなく納得させられた気になる。

71: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 14:28:45.25 ID:Xc7KnMws
そんなこと言ったら心理学者が論文出さなくなるからみんな黙ってたに決まってるだろ、アホか

74: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 15:38:14.69 ID:mxJwzqAR
>>71
心理学というと、幅が広すぎて、いろんな学問分野が入り込む
けど、臨床心理は仮説から治験を経て実際に活用できる診断法、
訓練法の体系を作り上げていった。

79: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 16:25:25.83 ID:mqQdEPqL
黄金比に意味を見出してるのはだいたいインチキ
たまたま自然現象が黄金比になってるだけで、黄金比だけについて深い意味はない

90: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 17:27:08.77 ID:7HguCFpZ
心理学なんて印象論に過ぎないってことだろ