元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512158293/

1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 04:58:13.92 ID:CAP_USER
【12月1日 AFP】
国連食糧農業機関(FAO)は11月30日、メキシコ料理に欠かせない食材の一つ、
ウチワサボテンが世界の食料危機の大部分を救う答えになり得るとの見解を示した。

 FAOは声明で「大半のサボテンは食べられないが、オプンティア属のサボテンには食べられるものがたくさんある。
野生ではなく農作物として扱われているものは特にそうだ」と述べ、
サボテン料理の可能性を追求する方法について解説した本も出版した。

 FAOと非営利団体「国際乾燥地農業研究センター(ICARDA)」は、ウチワサボテンには人命を救う力があると考えており、
2015年にマダガスカルを襲った干ばつでは「サボテンが現地の住民と家畜にとって決定的な食料・飼料・水分の供給源となったことが確認された」と強調している。

 サボテンは古代アステカ(Aztec)文明では聖なる植物とみなされ、現代でもメキシコの人々は食用、
飲用から薬用、シャンプーにまで幅広く活用している。

 とげの生えた平たい形状が特徴的で、そこから突き出して生える赤い実がまるで指のようにも見えるウチワサボテンは、
メキシコでは農園で大規模栽培され、一人当たりの消費量は年間6.4キロにもなる。

 また、地中海のシチリア(Sicily)島でもサボテンを食べるほか、
ブラジルには総面積50万ヘクタールを超える飼料用サボテンのプランテーションもある。
北アフリカやエチオピアでも植生が確認されている。

 消費価値に加え「乾燥した気候でも生育できるため、ウチワサボテンは食料安全保障の面で重要な存在となっている」とFAOは指摘。
「果肉に水分を蓄えたサボテンは、井戸となる植物だ。1ヘクタール当たり最大180トンもの水を供給できる。
成牛5頭が生き永らえるのに十分な量で、典型的な放牧地の生産力が著しく向上する」と説明している。

 また、サボテンは土壌の質も改善するため、オオムギのプランテーション栽培に貢献するほか、
初期研究によれば温室効果ガスの排出削減にも効果があるという。(c)AFP

関連ソース画像
no title


AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3153777?pid=19600156

3: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 05:24:46.85 ID:8V3xPmPi
いわゆる「メキシコの花」ってヤツよ。

5: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 05:45:05.89 ID:Biq0Gk+K
メキシコで食ったけど、イマイチだったなぁ・・・。

ドラゴンフルーツはさっぱりした甘さがイケる。

6: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 06:10:58.82 ID:sag37swa
大トカゲがトゲ付きのままパクパク

15: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 09:25:43.29 ID:Cge+46cB
>>6
イグアナを大トカゲと言いたいなら言っても良いのかも知れんが
分類上のオオトカゲではないなあ
オオトカゲは一部には植物食のものもいるが殆どが動物質の餌を食べる

9: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 06:41:56.66 ID:l458qSkK
カロリーメイトみたいな感じで
安価で少量でも一生食い続けて問題ない完全栄養食みたいなのは作れないものなのか

14: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 08:34:32.19 ID:ZSAQsQTu
>>9
それは作れるんだけど、結局原料が植物由来とか動物由来のものをまとめただけなので、広大な農地が必要になってしまう。
どんな土地でもほぼ確実に育つという農作物は栄養価が低くても、別の方向で重要になるのよ。

10: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 06:42:26.17 ID:WFli3/LR
これを日本に持ち込めば、
日本人独特の才覚で、「天ぷら、煮物、炒め物、」など、幅広く食材になりそうだな。

11: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 06:47:32.40 ID:T4/buBFY
やっと世界がバーバンクに追い付いたか

15: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 09:25:43.29 ID:Cge+46cB
>>11
バーバンクは棘なしのウチワサボテンを作っていたな

でも在来種と簡単に雑種になってしまい雑種の次世代は棘ありになるんだっけ
だから十分な管理が必要になる

12: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 07:57:05.64 ID:2+FH2qcq
サボテンに頼るより、必要としない地球にする方が大事

23: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 17:02:47.65 ID:8K98Py4a
>>12
馬鹿でも語れる机上の空論

16: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 11:04:19.31 ID:qe3P4gz8
歯ごたえ、はどうなんだろう。
テクチャー?が受け入れるなら
それなりに普及しそう。

19: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:19:25.33 ID:WErX/lUp
1kgの肉を得るのに、牛は鶏の4-5倍の量の餌が必要。
つまり、牛を食うのをやめて鶏にすれば解決。

22: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:30:28.10 ID:Cge+46cB
>>19
一般に、動物は大きい方が体表面積が体重の割に小さくて体重辺りの代謝が少ないから
大きくなりやすいって言うよねえ

つまりダチョウならもっと効率が良いのかとか
昔のモアとかエピオルニスならもっともっと良かったか?などと

どうせなら冷血動物で草食のゾウガメがベストって事になるが成長が遅いんだよなあ

29: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 21:47:47.32 ID:L7MYFoVm
>>19
得られる肉と餌の重量比を考えるなら
一番効率が良いのはコオロギらしいぞ
でもコオロギ食べたいとは全く思わん

20: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 16:19:41.99 ID:LZCmyXx2
流行っている「多肉植物」の中にも、食べられるものがあるかもしれんで。

25: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 18:16:02.38 ID:+YEulhdC
(´・ω・`) ちゃんとした奴は、味のない分厚いコンブみたいな感じ

日本でも、伊豆シャボテン公園内で各種のサボテン料理が食べられる
http://izushaboten.com/shop/menu_gibon.html
no title

no title

サボテンチーズフライ:no title

no title

26: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 19:23:34.75 ID:bjgQ2nLg
イグアナじゃないんだから、サボテンなんか食えるか。

28: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 20:57:43.73 ID:Cge+46cB
>>26
果実が甘くて食べられるものがサボテン2500種類のうち
200種類以上ある
巨大なハシラサボテンも果実が果物として食用になる

36: 以下、VIPがお送りします 2017/12/03(日) 06:09:37.61 ID:xn3a8LS9
確かに乾燥地に育つサボテンは農耕で水を使わなくてすみ、しかも水を蓄えてくれるから、水資源の枯渇が
心配される昨今の農耕において理想的な作物かも知れない。マジで農耕は水消費量がヤバイからな

37: 以下、VIPがお送りします 2017/12/03(日) 06:26:06.95 ID:kuZMqV5E
サボテンを遺伝子改造して甘くしたりアミノ酸増やして旨味ふやせばいける

39: 以下、VIPがお送りします 2017/12/03(日) 12:28:39.73 ID:LMBt1NXX
ttp://sawayashop.cart.fc2.com/ca43/4/
アメリカのバーバンクという育種家が改良した棘なしサボテン
棘が無い。果実が美味しい。アラスカでも栽培可能というすごい植物

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AB%E3%BC%E3%B5%E3%BC%E3%BB%E3%90%E3%BC%E3%90%E3%B3%E3%AF
ルーサー・バーバンクは19~20世紀のアメリカの偉大な園芸家だ
小学校でしか学んでないけど新品種を登録するのに学会にも報告しただろうから学者扱いか 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:51946f6eee861e2451231e2b1d17194f)