科学ニュース24

2ちゃんねるの科学・技術などのニュースをまとめて発信する「科学ニュース24」

    hiv

    元スレ:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1520587625/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/09(金) 18:27:05.305 ID:DYLpjYn0K
    つまり薬さえ飲んでたら死なない
    知らなかったわ
    今後はガンもエイズも医療技術の発展に伴い完治する可能性は非常に高いみたいだな

    2: 以下、VIPがお送りします 2018/03/09(金) 18:27:35.266 ID:PuF5F1dMd
    科学ってすげーな

    3: 以下、VIPがお送りします 2018/03/09(金) 18:27:47.285 ID:Se0HqYLja
    かがくのちからってすげー

    5: 以下、VIPがお送りします 2018/03/09(金) 18:27:59.885 ID:HQGPwj1S0
    治療額おいくらなん

    17: 以下、VIPがお送りします 2018/03/09(金) 18:32:15.415 ID:hymLImxrp
    >>5
    日本だと保険が鬼のようにきくからスマホヘビーユーザーのスマホ代より安い

    【現在のエイズ治療完治までは至らないが死亡率はほぼ0】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520329601/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 18:46:41.65 ID:CAP_USER
    年明けの1月11日、雑誌「Nature communications」に一報の論文が発表されました。

     「Discovery of Superconductivity in Quasicrystal」。
    日本語なら「準結晶中での超伝導状態の発見」とでも訳しましょうか。

     名古屋大学、豊田工業大学、東北大学、豊田理化学研究所などのグループが達成した、
    人類史的な価値をもつ大業績と思います、

     一定の確率でノーベル賞が出て不思議ではない驚くべき成果ですが、
    ことさらに大メディアが騒ぎ立てたりすることはありませんでした。

     まあ、記事の編集担当デスクが理解できなければ仕方のない、いつものことですが、
    今回はこの「準結晶の超伝導」の何が凄いのか、簡単に解説してみたいと思います。

    ■準結晶とは何か?

     まず最初に「準結晶(Quasicrystal)」とは何か、から話を始めなければなりません。
    ワープロに「じゅんけっしょう」と入力すると「準決勝」と変換される程度に、
    世間にはほとんど知られていない物質の形態と思います。

     原子分子レベルで見ると「結晶」は、
    ちょうど公園などにあるジャングルジムのようにアトムが規則正しく並んだ構造を取っています。

     こうした「結晶」は「並進対称性」と呼ばれる規則性を持ちます。
    分かりやすい例としてオランダの版画家M.C.エッシャーの作品をリンクしておきましょう。

     例えばこの「鳥による平面の規則分割
    (参照=http://www.mcescher.com/gallery/back-in-holland/regular-division-of-the-plane-with-birds/)」という作品は、
    ちょうど、床や壁をタイルで覆い尽くすような意味で、2次元平面を完全に充填します。

     ここで、一部を切り出して別の部分に平行移動すると、完全に重なり合う。
    こういう特徴を「並進対称性」といいます。

     さて、世の中にはこういう充填とは別に、平行移動では決して重なり合わない、面や空間の充填の仕方があります。

     例えば、イスラム教のモスク建築には、壮麗な幾何学模様のタイル張りの埋め尽くしが見られます。

     いくつか例を挙げて見ましょう。

     例えばこういうもの(参照=https://en.wikipedia.org/wiki/Girih_tiles)はギリーと呼ばれます。
    英文のイスラム文様のウィキペディアには、尖塔の屋根を埋め尽くす曲面パターン
    (参照=https://en.wikipedia.org/wiki/Islamic_geometric_patterns)なども紹介されています。

     あるいはこんなもの(参照=http://archive.aramcoworld.com/issue/200905/the.tiles.of.infinity.htm)もある。

     最後のリンクには、
    こうしたモザイクの幾何学模様を数学的に整理した英国の数理物理学者ロジャー・ペンローズ
    https://en.wikipedia.org/wiki/Roger_Penrose)の名が挙げられています。

     ペンローズは1974年、2種類のひし形を組み合わせて空間を充填しながら、
    決して平行移動では重ね合わせができないパターンを見出し発表します。

     「ペンローズ・タイル」と呼ばれるパターンで、
    非周期的でありながら空間を埋め尽くす特異な幾何学構造として注目を集めます。

     ペンローズとエッシャーの間には親交があり、
    ペンローズの見出した数理構造に影響を受けた作品をエッシャーは発表しましたが、
    残念ながら版画家は1972年に亡くなってしまいました。
    そのためペンローズ・タイルの幾何を応用した作品は残されていません。

     しかし、「サークルリミット」と題された作品群
    (参照=http://www.mcescher.com/gallery/recognition-success/circle-limit-iv/)のように
    円の内部を自己相似なパターンで埋め尽くしていく図案には、イスラムのモザイクに源流をもち、
    のちのフラクタル幾何学などにもつながる、ペンローズ・タイルとよく似た発想を見ることができます。

     こうした充填は、しかし幾何学的対象、あるいはモスク建築のタイル貼りなどには見出せても、
    自然界の物質として安定に存在するとは考えられていませんでした。

    続きはソースで

    画像:すでに様々に利用されている超電導。
    写真は超電導磁石を使った独西部グライフスバルトのマックスプランク・プラズマ物理学研究所にある核融合装置「ベンデルシュタイン7-X」。
    no title


    JBpress
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52503

    【ノーベル賞間違いなし、日本発「準結晶超伝導転移」】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520328697/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 18:31:37.13 ID:CAP_USER
    山形県の板垣公一さんが3月2日、きりん座の銀河に超新星2018zdを発見した。
    板垣さんの超新星発見は今年3個目、通算134個目。

    【2018年3月6日 Transient Name Server】

    山形県の板垣公一さんが3月2日11時40分ごろ(世界時。日本時では20時40分ごろ)、
    きりん座の銀河NGC 2146に17.8等の超新星候補天体を発見した。天体の位置は以下のとおり。

    赤経 06h18m03.18s
    赤緯 +78°22′00.90″(2000年分点)

    2018zdの符号が付けられた後、中国・雲南天文台の麗江観測所で行われた分光観測により、
    爆発から間もないIIn型超新星であることが確認された。また、米・パロマー天文台でも分光観測が行われ、
    Ia型超新星と判定されている。

    板垣さんによる超新星発見は今年3個目、通算発見数は134個(独立発見を含む)となった。

    画像:きりん座の超新星の発見画像(撮影:板垣さん)
    no title

    画像:NGC 2146周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星。
    no title


    アストロアーツ
    http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9773_sn2018zd

    【板垣さん、きりん座の銀河に超新星発見、134個目】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520285952/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 06:39:12.95 ID:CAP_USER
    幸福は「ポジティブな感情」と「ネガティブな感情」の比が約3に転換点を持つという「ロサダの法則」(いわゆる3対1の法則)は、
    心理学の研究として発表されるとさまざまな論文で引用され、
    世間では「3褒めて1叱るべし」という謎の教育黄金比をも生み出すほど社会に大きな反響を呼びました。
    その後、「元論文の数学的根拠が皆無」と指摘されて、アメリカ心理学会が法則を正式に否定することになったこのロサダの法則は、
    数学や心理学などのアカデミックな分野にはいなかったある中年のイギリス人男性の指摘から崩壊することになりました。

    The British amateur who debunked the mathematics of happiness | Science | The Guardian
    https://www.theguardian.com/science/2014/jan/19/mathematics-of-happiness-debunked-nick-brown

    2005年に心理学者のバーバラ・フレデリクソン博士とマーシャル・ロサダ氏によって、
    「人間が幸福を感じる転換点は、ポジティブな感情とネガティブな感情の比が2.9013のバランスにある」と結論付ける論文
    「Positive Affect and the Complex Dynamics of Human Flourishing」が発表されました。
    これは、否定的な感情の量を1としたときに、それを約3倍上回る肯定的な感情がある場合に人は幸福を感じ、
    反対に比率が小さければ幸福を感じなくなるというわけで、幸福を数値化することに成功した心理学研究として非常に画期的な結論でした。

    ビジネスコンサルタントとして非線形動力学を専門としていたロサダ氏は、
    「Positivity(ポジティブ心理学)」を研究するフレデリクソン博士に対し、
    理論に適用できる複雑なダイナミクスを提供。このフレデリクソン博士の研究から数学的に編み出されたのが、
    「2.9013:1」という幸福の黄金比でした。ロサダの法則を記したフレデリクソン博士の論文は、
    他の研究に350回以上も引用されることになり、
    さらにフレデリクソン博士自身によって「ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則」として一般書として書籍化されたこともあり、
    その後に「教育においては、3褒めて1けなすのが良い」という派生バージョンが現れるほどブームとなりました。

    (中略)

    当時、イギリスのITネットワーク事業の責任者の職から早期退職して大学院で心理学を学び始めていたイギリス人のニック・ブラウン氏は、
    心理学会というアカデミックな世界出身ではないという「駆け出しの素人」でした。
    しかし、心理学においては素人のブラウン氏はケンブリッジ大学で工学とコンピューターサイエンスの学位を取得していたという点で、
    数学的な素養としては一般的な心理学者以上の知識を持ち合わせていたとのこと。
    心理学の素人のブラウン氏は、有名なロサダの法則を自分で検証したところ、
    確かに論文で検証された数字が方程式に当てはまるものの、その他のデータが含まれておらず、
    法則(方程式)はあくまで"自己参照"しているのみであることに気付いたそうです。
    no title


    ブラウン氏はロサダの法則に科学的な根拠がないことを明らかにするために、アラン・ソーカル博士に協力を求めました。
    ソーカル博士は量子力学の理論が権威ある解釈に左右されているという批判的な論文
    「(PDFファイル)Transgressing the Boundaries: Towards a Transformative Hermeneutics of Quantum Gravity」を執筆したことで知られる数学のプロであり、
    数学的な裏付けのない理論に対する批判的な目をもつ職人気質の数学者でした。
    ブラウン氏はソーカル博士に「自分は名もない大学院生で、自分の主張をアカデミックな論文として発表する術を持たない。
    発表したところで論文が採択される可能性は低い」という理由をメールで送ったそうで、
    受信から数週間後にメールに気付いたソーカル博士は、協力することを了承しました。

    続きはソースで

    関連動画
    Barbara Fredrickson: The Positivity Ratio https://youtu.be/_hFzxfQpLj



    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180305-british-amateur-debunk-hapiness-law/

    【感情の黄金比「3対1のロサダの法則」に数学的根拠がないと見抜いたのは中年の素人だった】の続きを読む

    E5AE87E5AE99E381AEE6B395E58987

    元スレ:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1520346407/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 23:26:47.868 ID:3lCOXj2F0
    実際に膨張してるとしても膨張の最前線は端になるわけだろ?
    その外側には何があるんだよ
    何もないってんなら無とはなんだよ

    2: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 23:27:18.798 ID:LPEyZg+YM
    そこから先は地獄だぞ

    4: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 23:30:09.379 ID:I5BMghf8a
    端は概念だ
    現実じゃない

    【宇宙は膨張してるって説があるけどそれだと端があるってことにならねえか?】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520327211/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/06(火) 18:06:51.33 ID:CAP_USER
    人工知能(AI)が発展しロボット兵器が自らの意思を持って判断して人間を攻撃してくる、
    いわゆる「自律型致死兵器システム(LAWS)」の脅威については2018年2月にドイツのミュンヘンで開催されていた
    「第54回ミュンヘン安全保障会議」でも議論の的となっていた。そ
    のようなロボットは「ロボット兵器」や「キラーロボット」とも呼ばれている。
    まるでSF映画のような世界だが、国際社会では真剣に議論されている。

    ■「AIに対する責任は、これからも人間側にある」

     Google元CEOシュミット氏は、同会議において
    「20年以内に、ロボットが人間を攻撃してくる映画のような世界がやってくる」と述べた。
    そして「誰もがこの問題については、すぐにSF映画のようにロボットが人間を襲撃し、殺害するシナリオを話したがる。
    だが、そのような世界になるのは10年から20年先の話だ。キラーロボットの問題は懸念すべきことだが、
    すぐに起きることではない」と話した。

     シュミット氏によると、自律型のキラーロボットは起こりうるが、
    すぐに人間を襲撃してくるようになるわけではないと考えている。
    ロボットが人間を襲撃してくる社会が来ないとは語っていない。
    そのような時代が来るには10年から20年後になるだろうとシュミット氏は予測している。

     シュミット氏は「映画の見過ぎだよ。AIに対する責任は、これからも人間側にあることを明らかにすべきだ」と
    AIに対する人間の責任の重要性も語っていた。

    小型ドローンが人類を襲う動画も、UCB教授らが制作
     AIの進化で自律型ロボットが人間を襲撃してくる脅威については、
    テスラのイーロン・マスクCEOが、
    2017年には「AIは人類に深刻な影響を与える。
    人間社会の存続にとっての根本的な危機だ("a fundamental risk to the existence of human civilization")」と懸念を表明していた。

     また2017年11月には、国連の特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の枠組で公式専門家会議が開催され、
    「自律型致死兵器システム(LAWS)」について議論がされた。

     それに合わせて、カリフォルニア大学バークレイ校コンピュータサイエンス学科で35年以上AIの研究をしてきた
    Stuart Russel教授らが「Slaughterbots」(Slaughter:虐殺とRobots:ロボットの造語)という動画を公開して、脅威を訴えている。

    関連ソース画像
    no title



    関連動画
    Slaughterbots https://youtu.be/9CO6M2HsoIA



    Y!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20180304-00082325/

    【Googleの元CEO「20年以内に、ロボットが人間を攻撃してくる映画のような世界がやってくる」】の続きを読む

    icon_web

    元スレ:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1520255629/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/05(月) 22:13:49.514 ID:yWqIWu980
    正六角形周率じゃないんだぞ…
    さすがに授業中に気づけよゆとりども…

    7: 以下、VIPがお送りします 2018/03/05(月) 22:15:36.186 ID:1BE0DD/Lx
    円周率を3で教えてたというのは誤解
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%e5%86%e5%a8%e7%8e%e3%af3

    12: 以下、VIPがお送りします 2018/03/05(月) 22:16:23.890 ID:yWqIWu980
    >>7
    なるほど誤解を招いた老害はくそだな

    【円周率を3で習うって真面目にやばくね?? 】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520129801/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/04(日) 11:16:41.30 ID:CAP_USER
    林野庁が花粉症の原因物質、スギ花粉を減らそうと本腰を入れたのは今から10年ほど前。
    現状はどうなっているのでしょうか?そして効果が現れるのはいつになるのでしょうか?

    ■「無花粉スギ」「少花粉スギ」とは?

    林野庁が2007年に立ち上げた「花粉発生源対策プロジェクトチーム」の方針は、
    スギを伐採した後に植林する「花粉症対策スギ」の苗木の供給量を大幅に拡大することでした。

    まったく花粉を出さない無花粉スギ(平成28年度現在3品種)と、
    普通のスギの1%以下しか花粉を飛散させない少花粉スギ(同142品種)を合わせて「花粉症対策スギ」と呼ばれています。
    林野庁では、無花粉スギや少花粉スギの品種開発と苗木の増産を進めてきました。

    ■全国の植え替えに700年かかる?

    「花粉症対策スギの苗木は年間約400万本以上供給できるようになりました(平成27年度現在)。
    前述のプロジェクトチームの報告書作成時には、林業の停滞などを背景に、
    すべてのスギ林を花粉症対策スギにするには約700年かかるとの試算値も示されていましたが、
    現在は林業の成長産業化を進め、植え替えも進んできています。
    しかし、すべてのスギ林を花粉症対策スギに転換するのは、相当の長期間が必要なのです」と林野庁の担当者が語ります。

    スギの人工林は全国に約450万haありますが、1年間に造林(伐採後に苗木を植えること)する面積は0.64万ha。
    すべての杉林を花粉症対策スギに転換するには700年かかるという計算だそうです。

    ■首都圏は花粉症対策の苗木に

    そこでスギ花粉発生源調査を行い、
    人口の多い首都圏や京阪神への花粉の影響が非常に強いスギ林約10万haを重点的に転換することにしました。

    「首都圏のスギ林の植え替えについては、ほぼ100%花粉症対策スギの苗木になりました。今後は全国的に広める予定です」(同担当者)

    ■スギ雄花を枯死させるカビの散布も

    花粉症対策スギへの植え替えは年月がかかりすぎるため、別の対策も考えられています。
    スギ雄花を枯死させるカビの一種(スギ黒点病菌)を散布して、花粉の飛散を抑えようというのです。
    試験的に散布したところ、2〜3ヵ月で80%以上の雄花が枯死しましたが、
    懸念事項だったスギの生育には影響がありませんでした。これは世界初の試みでした。

    「まだ実験段階で開発に時間はかかりますが、これからスギ黒点病菌を大量培養する技術を開発し、
    安全性を確認して農薬登録すれば実用化できます」(同担当者)

    生態系への影響は未知数の面もありますが、花粉の飛散を抑えて、花粉症を軽減できるかもしれません。

    Weathernews
    https://weathernews.jp/s/topics/201802/270105/

    【花粉症に朗報 林野庁が開発した「無花粉スギ」「雄花枯死剤」とは】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520127924/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/04(日) 10:45:24.15 ID:CAP_USER
    米オクラホマ州オクラホマシティ動物園のメスライオン、ブリジットは、一風変わった外見の持ち主だ。

     なんと、18歳になるこのメスのライオンには、たてがみが生えている。
    とは言っても、オスライオンのたてがみというよりは、ちょっとしたあごひげのようだ。
    動物園では、これを「ミニたてがみ」と呼んでいる。

     この不思議な現象は、動物園のブログに投稿されている。
    ブリジットの飼育員たちによれば、たてがみが伸び始めたのは2017年の3月から11月にかけて。
    2018年2月時点で、獣医師たちはまだその正確な原因を突き止めることはできていない。

     だが、たてがみのあるメスライオンがこれまでいなかったわけではない。

     ボツワナのオカバンゴ・デルタでは、たてがみのあるメスライオンをたまに見かける。
    これは、近親交配による遺伝子異常が原因ではないかと考えられている。

     大型ネコ科動物の保護団体「パンセラ」の代表であるルーク・ハンター氏は、
    2012年にナショナル ジオグラフィックの取材に答えて、受胎時または妊娠中にも遺伝子の突然変異が起きることがあると述べている。

    「もう一つ考えられることがあります。妊娠中に胎児に接触するテストステロンなどの男性ホルモンが多くなると、
    このような問題が起きる可能性があります。こちらの可能性の方が高いかもしれません」と、ハンター氏は言う。

     悪名高い「ツァボの人食いライオン」のように、たてがみのないオスライオンもいる。
    だが、2006年に発表されたある研究によると、これは猛暑の中でも涼しく過ごせるように進化したものである可能性もある。

    続きはソースで

    画像:2017年の3月から11月にかけて、メスライオンのブリジットにたてがみが生え始めている。原因はまだわかっていない。
    no title


    ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/022700092/

    【おばあちゃんライオンに「たてがみ」が生えてきた 動物園に暮らす18歳、原因は不明】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520125851/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/04(日) 10:10:51.69 ID:CAP_USER
     一般的に、人は心臓または脳の活動が停止した時に「死を迎えた」と認識されます。
    しかし最新の研究では、心臓が止まって脳への血流が止まってからも3分間から5分間は脳の細胞がまだ活動を続けており、
    実際に「脳の活動が停止した」と言うべき瞬間があることが明らかになってきました。

    Terminal spreading depolarization and electrical silence in death of human cerebral cortex - Dreier - 2018 - Annals of Neurology - Wiley Online Library
    http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ana.25147/abstract

    Does a Dying Brain Mean Death? Some Cellular Changes May Be Reversible, New Evidence Shows
    http://www.newsweek.com/does-dying-brain-mean-death-some-cellular-changes-may-be-reversible-new-820355

    Human brain still active minutes after heart stops beating, new research finds | The Independent
    http://www.independent.co.uk/life-style/human-brain-conscious-heart-stops-beating-death-neurology-research-a8232921.html

    この研究を行ったのは、ドイツのベルリンにあるシャリテー大学病院の脳科学者らによる研究チームです。
    この研究チームでは、生前に延命処置を希望しないというリビング・ウィルを示していた人物で、
    脳に大きな損傷を受けた9人の被験者の協力のもとで人が死に至るまでの段階で脳にどのような変化が起こるのかを詳細に調査しました。

    研究チームでは、被験者の頭に電極を取り付け、脳の活動の変化をモニタリングしました。
    一般的に、心臓が停止して血流が止まると、血液に乗って脳に運ばれる酸素の供給がストップします。
    脳は多くのエネルギーを消費するために、酸素が欠乏するとすぐに大きな損傷を受けることになるのですが、
    心停止から数分の間は血中や脳に蓄えられている酸素が残っているため、しばらくの間はまだ脳の活動が継続するとのこと。


    論文の第一著者である、ベルリン心臓発作センターのJens Dreier医師はNewsweekの取材に対し、
    「(心停止から)3分以内に、脳に蓄えられているエネルギー源は枯渇します」と語ります。
    そしてその状態になると、脳の細胞の中では活動を機能させるために必要な電位差を生み出すイオンの働きが弱まり、
    次第に電気的活動の鎮静化「拡延性抑圧」が起こります。
    この段階こそが、脳が真に機能を停止した段階であると捉えることができるそうです。
    Dreier氏によると、このイオンによる電位勾配の崩壊は、大きな電気化学的エネルギーの波が「熱」の形で、
    大脳新皮質やその他の脳の部位を伝わるとのことです。

    しかし、この電気化学的エネルギーが喪失された状態は、一定のレベルで「巻き戻す」ことも可能であるとのこと。
    研究チームの一員で、シンシナティ大学医学部の脳神経学者であるJed Hartings氏は、少なくとも短い時間の間は、
    充電がなくなってしまったバッテリーと同じようにもとのような電気化学的エネルギーを持つ状態に戻すことが可能であると述べています。

    しかし、その状態に置かれた脳に果たしてどれだけの時間が残されているのか、
    どの程度の時間であれば脳は生き永らえることができるのか、
    についてはまだまだ解明しなければならない点が残されているとのこと。
    Hartings氏は「死を引き起こす化学変化は、電位差の喪失と共に始まります」と語っており、
    電位差が失われた後は文字どおり最終段階へのカウントダウンが着実に進むことになるとのこと。

    続きはソースで

    関連ソース画像
    no title


    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180302-human-brain-still-active-after-death/

    【人間の脳は心臓が止まった後も数分はまだ「生きている」ことが確認される】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520125226/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/04(日) 10:00:26.36 ID:CAP_USER
    90歳以上を対象とした研究の中では世界最大規模の研究プロジェクト「The 90+」の中で、
    90歳以上の人においては「運動の多さ」よりも「飲酒すること」の方が早期の死亡率減少と関連性があると示されました。

    The 90+ Study - UCI MIND
    http://www.mind.uci.edu/research-studies/90plus-study/

    Study: For those over 90, alcohol better than exercise for longevity - Chicago Tribune
    http://www.chicagotribune.com/lifestyles/health/ct-drinking-alcohol-living-past-90-20180220-story.html

    No, Drinking Alcohol Won't Make You Live Past 90
    https://www.livescience.com/61824-drinking-alcohol-longer-life-explainer.html

    カリフォルニア大学の行う「The 90+」という研究プロジェクトは、
    1981年に始まった「Leisure World Cohort Study(LWCS)」という研究の被験者を対象に再調査を行ったもの。
    LWCSは1万4000人の被験者に対し、健康・趣味・飲酒といったことについて質問を行ったもので、
    The 90+はLWCSの被験者のうち90歳以上の人々1600人以上を追跡調査することで、
    「何が人を長寿にするのか」を明らかにしようと試みました。

    その結果、アルコールを1日に1~2杯飲む被験者はお酒を飲まない人に比べて死亡率が18%低いことが判明しました。]
    一方で、運動を1日に15分~45分行う人の死亡率は運動しない人よりも11%低い程度であり、
    アルコール摂取の方がわずかにですが影響が大きいといえます。
    研究に参加した神経学・神経科学の教授であるClaudia Kawas氏は上記のような結果について
    「理由は説明できないのですが、適度な飲酒が長寿を促すということなのだと私は信じています」と語りました。

    この他、1日に2時間を趣味に割く人はそうでない人よりも死亡率が21%も低く、
    コーヒーを1日2杯飲む人も飲まない人に比べて死亡率が10%も少なかったそうです。

    しかし、国立アルコール中毒研究所によると、
    アメリカでは毎年8万8000人以上の人がアルコールに関連する病気で亡くなっており、
    アルコールが「栄養不良」や「タバコ」に次いで第3の「予防可能な死亡原因」となっています。
    また、肝硬変や肝臓癌など肝臓系の疾患でなくなる人は2万4000人で、
    アメリカ臨床腫瘍学会はアルコールの摂取がガンのリスクを上げると発表しています。さらに、2014年の研究で、
    週に1度お酒を飲み過ぎる50~60代は同年代の飲酒量が少ない人に比べて、20年以内に亡くなる確率が2倍になることも示されました。
    アルコールの摂取が寿命を長くするどころか短くすることを示す研究結果も数多く存在するのです。

    もちろん、適度な飲酒が心臓疾患のリスクを下げるといった内容の研究結果も発表されています。
    ただ今回の調査について言えば、Kawas氏は「私たちが90歳の人々を対象に研究を開始したということを覚えておいてください」
    「若い頃に過剰の飲酒を行っている人は、90歳にもなれない可能性があります」と語っています。

    Kawas氏の発言と同様の結果が2016年のメタアナリシスでも示されています。
    この研究ではアルコール消費と長寿の関係を調べた87個の研究が解析されたところ、
    「適度な飲酒」は「健康をもたらすもの」ではなく、「健康かどうかの指標」にしかならないのではないかということが述べられました。

    つまり、「飲酒を行わなかった人」は若い頃に過度な飲酒を行ったか健康上の問題があるために飲酒をしないという選択を行っていたのであり、
    反対に「適度な飲酒」を行っている人は、健康状態がよいために「適度な飲酒」が可能であるということ。飲酒が健康をもたらすのではなく、
    健康状態が飲酒の可否に影響を与えているのであって、因果関係が逆になることも考えられるのです。

    このような研究の因果関係を明らかにするのは難しく、
    「適度な飲酒は健康を促進する」と結論付けるには、さらなる研究が必要なところです。
    現時点で言えるのは、「お酒を飲む時は適度に行うこと、そして長寿のためではなく楽しむために飲むこと」ということまでといえます。

    関連ソース画像
    no title


    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180303-over-90-alcohol/

    【「運動すること」よりも「お酒を飲むこと」の方が健康との関連性が高いと90歳以上を対象とした研究で示される】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520124193/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/04(日) 09:43:13.23 ID:CAP_USER
    ■量子コンピュータ、日本発の原理

     2017年6月のこと。筆者のLinkedInに、ある人物から連絡があった。

     彼はカナダ・バンクーバーの投資家で、
    量子コンピュータの開発を手掛けるカナダD-Wave Systemsに投資をしている人物だった。
    ひとまず電話で話をしたところ、D-Wave Systemsのビジネスの日本展開を推進したいと言う。

     D-Wave Systemsは、シリコンバレー(パロアルト)にも小さな拠点を持っている。
    量子コンピュータのチップのウエハーを開発および生産しているチームが、そこを拠点にしていて、
    事業担当ディレクターもパロアルトに勤務しており、カナダの投資家は筆者に、
    まずパロアルトの拠点を紹介してくれた。
    余談だが、実はこのディレクターは、英国の理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士のアシスタントをしていた人物だった。

     パロアルトは、筆者が代表を務めるAZCAのオフィスからも近い。
    そこで筆者はD-Wave Systemsのパロアルトオフィスを訪ね、事業担当のディレクター他、数人のキーパーソンに会ってきた。
    筆者は、もう自分自身でプロジェクトを担当することは少なくなっているのだが、
    もしAZCAがこの案件を支援することになるのなら、ぜひとも自分で担当したいと思った。
    それくらい、D-Wave Systemsが手掛ける量子コンピュータの分野に興味がわいたのである。

     さて、ここで少しD-Wave Systemsについて大切な補足をしておきたい。

     量子コンピュータの原理は、今から30年以上前となる1985年、
    英国オックスフォード大学の物理学者デイビッド・ドイチェ氏が、量子チューリングマシンなるものを定義したことで知られている。
    そして1994年に米国マサチューセッツ工科大学(MIT)のピーター・ショア教授が発表した論文がきっかけとなって、
    量子コンピュータ実現のためのさまざまな研究が進み、今では大きく分けて3つの方式の研究開発が主流になっている。
    Google、IBM、Intel、Alibabaなどが進める量子ゲート方式、Microsoftが進めるトポロジカル方式、
    そしてD-Wave Systems、Google、IARPA-QEOなどが進める量子アニーリング方式である。
    D-Wave Systemsが開発した量子コンピュータは、
    「量子アニーリング(量子焼きなまし)」という原理(方式)が採用されている。

     実は、量子アニーリングは、1998年に東京工業大学(東工大)の西森秀稔氏と門脇正史氏によって提案された、“日本生まれ”の技術だ。

     2017年7月に東京で高校時代からの親しい友人に会う機会があった。
    彼も西森教授と同じ東京大学理学部物理学科の出身だったので、西森教授を知っているかと聞いてみたところ、
    本当に奇遇なことに、「知るも何も、西森君は東大時代の非常に親しい後輩だ。
    もちろんよく知っている」と言って、その場ですぐに筆者を西森氏に紹介してくれた。
    そんなことから、筆者は翌8月末に早稲田ビジネススクールでの集中講義のために再び東京を訪れたその足で、
    西森教授の研究室を訪ねた。そして、話は大いに盛り上がったのである。

    もちろん、D-Wave Systemsも西森氏のことは非常に尊敬していて、いろいろとアドバイスをもらったという。
    D-Wave Systemsの創設者によれば、彼は以前、西森氏が米国の大学で量子コンピュータについて講義を行った時に、
    その講義に出席し、熱心に質問することができたという。

     西森氏に話を聞いたところ、1998年に論文を発表した時点では、
    「シミュレーションはできるかもしれない」くらいにしか考えていなかったという。
    まさかハードウェアに実装する企業が現れるとは、思ってもみなかったようだ。

    続きはソースで

    画像左=D-Wave Systemsの量子コンピュータ「D-Wave 2000Q」 出典:D-Wave Systems
    /右=D-Wave Systemsのシステム担当シニアバイスプレジデントが筆者にマシンを説明している
    no title

    no title


    EE Times Japan
    http://eetimes.jp/ee/articles/1802/26/news021.html

    【予算なき量子コンピュータ開発、欧米より一桁低い日本を憂う】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520120310/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/04(日) 08:38:30.53 ID:CAP_USER
    何年もうつ病を患うことで脳が変化することが、
    カナダのCentre for Addiction and Mental Health(メンタルヘルス・依存症センター/CAMH)の研究によってわかりました。
    この研究結果は、「アルツハイマー病のように、うつ病も進行具合によって異なる治療が必要になる」ということを示します。

    Association of translocator protein total distribution volume with duration of untreated major depressive disorder: a cross-sectional study - The Lancet Psychiatry
    http://www.thelancet.com/journals/lanpsy/article/PIIS2215-0366(18)30048-8/fulltext

    Over years, depression changes the brain, new study shows
    https://medicalxpress.com/news/2018-02-years-depression-brain.html

    精神医学を研究するJeff Meyer教授らによるCAMHの研究チームはポジトロン断層法(PET)という検査法でうつ病患者の脳をスキャンしました。
    脳脊髄中に存在するミクログリアという免疫細胞は人が外傷を負うと活性化し炎症反応を示しますが、
    この炎症反応が過剰だと、「うつ」などの他の病気に関連するようになるといわれています。
    またミクログロリアの活性化はTSPOというタンパク質を増産させるところ、
    今回の調査ではTSPOレベルが炎症のマーカーとしてPETで観察されました。


    研究では、10年以上にわたってうつ病の症状がある被験者25人と、
    うつ病の症状が出ている期間が10年以内の被験者25人、
    そしてうつ症状のない30人の比較グループをPETにかけて観察したところ、
    10年以上うつ病の症状のあるグループは10年以下のグループに比べて、
    異なる脳の領域でTSPOレベルが30%も高かったとのこと。
    もちろん、うつ症状のない被験者らと比べても、長期にわたってうつ症状のあるグループはTSPOレベルが高かったといいます。


    「アルツハイマー病やバーキンソン病がそうであるように、脳で大きな炎症が起こる病気では、進行とともに脳が変質します」とMeyer教授は述べています。

    うつ病は脳変性疾患とは考えられていませんが、今回の研究は「うつ病は進行性のものであり、静的な疾患ではない」ということを示す証拠となります。
    うつ病の治療は、何年患っていても同じアプローチが取られますが、研究者らはガンなどと同じようにステージによって異なるアプローチが行われるべきだと見ています。

    長期にわたってうつ病を患う患者に対して、どのような治療が適しているのかは、Meyer教授らが調査を続けているところ。
    炎症反応にターゲットを置いた治療がオプションとして考えられており、
    他の病気の治療で使われる炎症反応を抑える薬が大うつ病性障害に適用されることも考えられるそうです。

    関連ソース画像
    no title


    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20180302-depression-changes-brain/

    【うつ病が進行し何年も患うことで脳は変質してしまう】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1520119728/

    1: 以下、VIPがお送りします 2018/03/04(日) 08:28:48.30 ID:CAP_USER
    2019年卒業予定の学生の就職活動が1日から本格的に始まるが、
    年は「ロボット面接官」が選考会場に登場するかもしれない。
    ロボット面接官は人工知能(AI)を搭載した採用支援ツールで、人間の代わりに学生を評価してくれる。
    AIは採用現場をどう変えるのか。

     「質問を始めます。60秒以内に回答してください」。ヒト型ロボットが受験者にそう話しかけた。
    まるでSF映画の一場面のようだが、現実だ。

    ■108問の耐久戦

     ロボットはソフトバンクグループの「ペッパー」を活用。ペッパーと、
    学生の仕事への適性などを見極めるAIシステム「SHaiN(シャイン)」を組み合わせて使う。

     シャインは採用支援のタレントアンドアセスメント(東京・港)が開発。
    昨年10月に、まずスマートフォン(スマホ)のアプリとしてサービスを開始し、
    これまでに大手食品メーカーなど12社が導入している。2月からはペッパーに組み込んで、
    文字通りロボット面接官として使えるようになった。

     システムは米IBMのAI「ワトソン」など、複数のAIを組み合わせて構築している。
    アップルの音声認識技術「Siri」をインターフェースに活用することで、日本語の音声でやり取りが可能だ。

     AIは学生に何を聞き、どう評価するのか。

     今回シャインを取材した女性記者は、現在35歳。就活からすでに10年以上経過しているが、
    当時を思い出しながら、AI面接に挑戦した。

     「ゼミや部活、アルバイトなどで目標を決めて取り組んだことはありますか」。そんな質問が来た。
    これは面接での定番の質問「ガクチカ」(学生時代に力を入れたこと)だな、と思いつつ「はい」と答えると、
    「どのような目標を立てたか」「目標を実行するためにどんな取り組みをしたか」と矢継ぎ早に突っ込まれた。
    答えるとさらに「実行するための取り組みをもう少し教えて下さい」などと質問される。

     げんなりしたが、カメラとマイクで記録されているので露骨に嫌な顔もできない。
    面接が終わったのは1時間半後。質問数は108問にも及んだ。正直いって疲れた。

     シャインのAIは、満足できる回答が得られなかった場合に、重ねて質問する。
    質問数は受験者ごとに異なり、少ない人は50~60問程度。
    平均180~200問なので、108問でも少ない方かもしれない。面接が2時間に及ぶ人もいるという。
    この徹底した質問攻めは、AI面接官ならではだろう。

     シャインの評価ポイントは合計11。そのうち7つが、質問への回答を分析して得られる評価で、
    「バイタリティー」「柔軟性」など。学生の外見を観察して得られる「表現力」などもある。

     分析の基になるのが、肝となる実際の就活の面接データだ。現在約3000人分。
    学生の回答をAIが面接データと照合し、そこから各評価ポイントについて採点をする。

     タレントアンドアセスメントは14年に金融業界出身の山崎俊明社長(44)が設立。
    山崎社長は採用支援を手掛ける中で、
    「採用担当者は短期間で変わり、ノウハウが根付かない」ことが気になっていた。
    そのとき、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長がペッパーをプレゼンする姿をニュースで見て、
    「これだ!」とひらめいたという。

    続きはソースで

    画像:AIシステム「SHaiN」を使えば、ペッパーがロボット面接官になる
    no title

    no title


    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27586860R00C18A3X11000/

    【就活面接、AIロボットが質問攻め 「質問を始めます。60秒以内に回答してください」】の続きを読む

    このページのトップヘ