科学ニュース24

2ちゃんねるの科学・技術などのニュースをまとめて発信する「科学ニュース24」

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512335570/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/04(月) 06:12:50.74 ID:CAP_USER
    大気中の二酸化炭素が海に溶け込むことで起きる「海の酸性化」が地球全体で急速に進んでいることが気象庁の解析でわかりました。
    生態系や地球温暖化に大きな影響を与えるとされ、気象庁は解析結果を公開するとともに、今後も注意深く監視を続けることにしています。
    気象庁などによりますと、海は大気中の二酸化炭素を吸収する性質があり地球温暖化の進行を抑える役割を担ってきました。
    しかし長年にわたって二酸化炭素を吸収し蓄積してきたことで、
    本来は「弱アルカリ性」を示す海水が少しずつ酸性に変化する「海の酸性化」が各地で起きていると指摘されてきました。

    これについて気象庁が平成2年から去年までに世界各地で観測された海面のデータを集めて詳しく解析した結果、
    海の酸性化が地球全体で急速に進んでいることがわかりました。

    具体的には、値が低くなるほど酸性化していることを示す「pH」の地球全体の平均値が10年当たりで0.018低下していたということで、
    これは産業革命以降のおよそ250年間の10年当たりの平均値に比べて4.5倍のペースで進行しているということです。

    海の酸性化が進むとサンゴやプランクトンなどの成長が妨げられ、
    生態系に大きな影響を及ぼす可能性があるほか、海の二酸化炭素を吸収する能力が低下し地球温暖化がさらに進行するおそれがあります。
    気象庁は、解析結果をホームページで公開するとともに今後も注意深く監視を続けることにしています。

    NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171204/k10011245211000.html

    【「海の酸性化」地球全体で急速に進行 温暖化に拍車も懸念 】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512331368/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/04(月) 05:02:48.83 ID:CAP_USER
    地球は平らな円盤ではなく、丸い球体であるというのは誰もが学校などで学び、
    人工衛星などの写真でも間違いないものとされてきた常識ですが、
    いまアメリカを中心に「Flat Earthers」と呼ばれる地球平面論を唱えるグループがにわかに注目を集めています。
    科学を完全に否定するような理論には異を唱える声が次々とあがっており、
    起業家で宇宙関連企業「SpaceX」の設立者であるイーロン・マスク氏もTwitterで疑問を投げかけたのですが、
    地球平面論者からは意外な反応が返ってきています。

    Flat Earth Society Responds To Elon Musk's Tweet And We Just Can't Even | IFLScience
    http://www.iflscience.com/space/flat-earth-society-responds-musks-tweet-flat-mars-society-just-cant-even/

    古くは紀元前のギリシア哲学の時代から唱えられてきた地球球体説に真っ向から対立する地球平面論なわけですが、
    事実に基づく科学を完全に無視する強引な理論展開には科学者の間から異を唱える声が挙がっています。
    アメリカで知名度の高い天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン博士は、
    月の画像とともに地球平面論を否定するツイートを投稿しています。

    地球は平らな円盤ではなく、丸い球体であるというのは誰もが学校などで学び、
    人工衛星などの写真でも間違いないものとされてきた常識ですが、
    いまアメリカを中心に「Flat Earthers」と呼ばれる地球平面論を唱えるグループがにわかに注目を集めています。
    科学を完全に否定するような理論には異を唱える声が次々とあがっており、
    起業家で宇宙関連企業「SpaceX」の設立者であるイーロン・マスク氏もTwitterで疑問を投げかけたのですが、
    地球平面論者からは意外な反応が返ってきています。

    Flat Earth Society Responds To Elon Musk's Tweet And We Just Can't Even | IFLScience
    http://www.iflscience.com/space/flat-earth-society-responds-musks-tweet-flat-mars-society-just-cant-even/

    古くは紀元前のギリシア哲学の時代から唱えられてきた地球球体説に真っ向から対立する地球平面論なわけですが、
    事実に基づく科学を完全に無視する強引な理論展開には科学者の間から異を唱える声が挙がっています。
    アメリカで知名度の高い天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン博士は、
    月の画像とともに地球平面論を否定するツイートを投稿しています。

    すると、マスク氏のツイートに対して地球平面協会の公式アカウントから返答が。
    その答えは「やあイーロン、質問をありがとう。地球とは違って、
    火星は球体であることが観測されているんだよ。いい日を!」とというもので、
    強引に「地球だけは平面だけど他は丸い」とする主張を唱える内容になっています。

    事態はさらに盛り上がりを見せます。Reno Says So(@RenoXcore)さんは、
    自転する地球のGIF画像とともに「この観測結果をみたことがないのか、それとも……?」とツイート。

    すると地球平面協会は、「違う!オルデランは平和で、武器を持っていません。おそらく無理でしょう—」との難回答をツイートしています。

    ややもすれば強引にも受け取れる地球平面協会の反応には、
    はたして科学界が「マジレス」すべきかどうかも怪しい様相を見せる論争に発展。
    地球平面論者が掲げるスローガンの中には、メディアやエセ科学に惑わされることなく「真実を求める」というものも含まれており、
    地球は丸いと思い込ませようとする「陰謀論」に立ち向かうという姿勢も示されています。

    現時点では、地球平面論者と地球球体論者の議論は全くかみ合うことなく平行線を保っている状態。
    以下の記事のように、地球は球体であることを示す明確な事象に、どのように返答するのかも気になるところです。

    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20171202-flat-earth-society-elon-musk/

    【「地球は平ら」と主張する「地球平面論者」にイーロン・マスクが反論、平面論者からはまさかの答え】の続きを読む

    012614_0843_2

    元スレ:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1512437332/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/05(火) 10:28:52.149 ID:gDtyonE4M
    算数の宿題なんだけど...

    ∂u/∂t=∇(<∇u,φ>)+(∫_Ω divφ <u,J(u)>dx)∇^2 u

    4: 以下、VIPがお送りします 2017/12/05(火) 10:30:20.821 ID:PASrJkvR6
    <>はなに?ないせき?

    5: 以下、VIPがお送りします 2017/12/05(火) 10:30:36.768 ID:gDtyonE4M
    >>4
    ボッホナー内積

    6: 以下、VIPがお送りします 2017/12/05(火) 10:30:54.714 ID:n6Mmx4OD0
    その式古いよ
    去年間違ってるって証明された

    9: 以下、VIPがお送りします 2017/12/05(火) 10:32:17.029 ID:gDtyonE4M
    >>6
    まじで?
    どの項がやばい?

    【宇宙の方程式ってこれで合ってる? 】の続きを読む

    news3226229_38

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512153315/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 03:35:15.94 ID:CAP_USER
    ことし白血病の治療で、血液製剤の輸血を受けた10歳未満の女の子が、大腸菌に感染しその後死亡したことがわかり、
    日本赤十字社は、血液製剤に大腸菌が混入し感染した可能性が高いと見て、医療機関に注意を呼びかけることにしています。
    厚生労働省によりますと、ことし白血病の治療で血液製剤の1つ「血小板濃厚液」の輸血を受けた10歳未満の女の子が危篤状態に陥り、
    輸血からおよそ1か月後に敗血症性ショックによる多臓器不全で死亡しました。

    その後の検査で、女の子と血液製剤から同一の遺伝子型の大腸菌が検出され、製造元の日本赤十字社は、
    血液製剤に大腸菌が混入していて女の子が感染した可能性が高いと見て、29日厚生労働省に報告しました。

    女の子の年齢や輸血を受けた日時、それに場所は明らかにされていません。

    日本赤十字社は、女の子に輸血したものと同じ血液の提供者から作った製剤をすべて回収し、
    女の子以外には使用例は無かったということです。また女の子が死亡したのは、
    大腸菌に感染したことが原因だったかどうかはわかっていないということです。

    女の子に輸血されたものと同じ種類の血液製剤が大腸菌に感染していた例は、
    過去に1件確認されていて、日本赤十字社は、医療機関に対し血液製剤から細菌に感染するリスクがあることを改めて周知し、
    注意を呼びかけることにしています。

    NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171130/k10011240601000.html

    【血液製剤輸血で大腸菌に感染か 女児死亡 】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512158293/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 04:58:13.92 ID:CAP_USER
    【12月1日 AFP】
    国連食糧農業機関(FAO)は11月30日、メキシコ料理に欠かせない食材の一つ、
    ウチワサボテンが世界の食料危機の大部分を救う答えになり得るとの見解を示した。

     FAOは声明で「大半のサボテンは食べられないが、オプンティア属のサボテンには食べられるものがたくさんある。
    野生ではなく農作物として扱われているものは特にそうだ」と述べ、
    サボテン料理の可能性を追求する方法について解説した本も出版した。

     FAOと非営利団体「国際乾燥地農業研究センター(ICARDA)」は、ウチワサボテンには人命を救う力があると考えており、
    2015年にマダガスカルを襲った干ばつでは「サボテンが現地の住民と家畜にとって決定的な食料・飼料・水分の供給源となったことが確認された」と強調している。

     サボテンは古代アステカ(Aztec)文明では聖なる植物とみなされ、現代でもメキシコの人々は食用、
    飲用から薬用、シャンプーにまで幅広く活用している。

     とげの生えた平たい形状が特徴的で、そこから突き出して生える赤い実がまるで指のようにも見えるウチワサボテンは、
    メキシコでは農園で大規模栽培され、一人当たりの消費量は年間6.4キロにもなる。

     また、地中海のシチリア(Sicily)島でもサボテンを食べるほか、
    ブラジルには総面積50万ヘクタールを超える飼料用サボテンのプランテーションもある。
    北アフリカやエチオピアでも植生が確認されている。

     消費価値に加え「乾燥した気候でも生育できるため、ウチワサボテンは食料安全保障の面で重要な存在となっている」とFAOは指摘。
    「果肉に水分を蓄えたサボテンは、井戸となる植物だ。1ヘクタール当たり最大180トンもの水を供給できる。
    成牛5頭が生き永らえるのに十分な量で、典型的な放牧地の生産力が著しく向上する」と説明している。

     また、サボテンは土壌の質も改善するため、オオムギのプランテーション栽培に貢献するほか、
    初期研究によれば温室効果ガスの排出削減にも効果があるという。(c)AFP

    関連ソース画像
    no title


    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3153777?pid=19600156

    【ウチワサボテンが食料危機の救世主になりえるかもしれない】の続きを読む

    shutterstock_264927974

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512153168/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 03:32:48.05 ID:CAP_USER
    男35歳 “精子”の分かれ道
    11月28日 13時10分News Up
    「“卵子の老化”ってよく聞くけど、男性は何歳でも大丈夫でしょ」

    そう考えている人は大きな間違いです。

    「射精ができるかぎり子どもは作れる」

    そんな考えが大事な人を傷つけているかもしれません。
    まだ、あまり知られていない精子の現実です。

    〈精子は新鮮だから大丈夫?〉

    50代や60代の男性、特に芸能人など名前が知られた人に子どもができたとなると、
    まるで武勇伝のように聞いてしまい、男性は何歳になっても大丈夫なんだ、と思う人もいるのではないでしょうか。

    精子は、毎日新しく作られる。だから新鮮と言えば新鮮です。

    女性の場合は生まれた時に持っている卵子が、増えることはなく、
    年を重ねるとともに老化したり数が減ったりするのと大きく違います。

    しかし今、男性は年をとっても大丈夫という考えが誤っていることがわかってきています。

    〈男35歳、精子の分かれ道〉

    男性不妊の専門、獨協医科大学埼玉医療センターの岡田弘医師によると男性は2つのタイプに分かれるそうです。

    「35歳を分岐点として“精子力”(=妊娠させる力)が落ちるグループと、落ちないグループです」

    その根拠となるのは、子どもがいる男性と不妊に悩むカップルの男性、合わせておよそ150人を対象に行った調査です。

    全員、精子の量や運動量を調べる通常の精液検査では「正常範囲」と言われていました。
    そこで調べたのが精子力。

    精子は卵子と受精したあと、受精卵の分割を進めるためのスイッチを入れます。
    その変化を起こす力=精子力があるかどうかを精子とマウスの卵子と受精させて調べたのです。

    スイッチを入れる力が高い位置で推移しているのが子どもがいる男性たち。
    不妊カップルの男性陣は、35歳頃から明らかに落ちています。

    「検査で精子の量や運動量も大丈夫と言われた」
    それでも妊娠させる力が弱くなっている可能性があるのです。

    なぜ精子力が低下するのか、原因はまだ研究中ですが、岡田医師は精子をつくる細胞が老化しているのではないかと考えています。

    「通常の検査で大丈夫だったので妻が原因だと思っていた」
    「妻に体の負担ばかりではなく心の負担もかけていて申し訳なかった」
    そんな声が男性たちから聞かれたそうです。

    岡田医師は不妊治療の意識を変えてほしいと話しています。

    「不妊の問題は、どうしても女性側に原因があると捉えられがちです。
    治療を女性任せにしてしまう男性も少なくありません。最初から、自分にも原因があるかもしれないと思うことが治療のスタートです

    続きはソースで

    関連ソース画像
    no title


    NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171128/k10011237491000.html

    【男性は35歳が “精子”の分かれ道 】の続きを読む

    web_tokushu_2017_1129_eyecatch

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512159183/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 05:13:03.43 ID:CAP_USER
    11月29日 20時20分
    防衛省が来年度予算案の概算要求に盛り込んだ「宇宙関連経費 887億円」。
    5年後2022年度に、宇宙を監視する専門の部隊を発足させる方針です。
    まさか、地球外生命体が侵略してくるのか?
    映画やアニメの世界が現実になるのか?
    発足の背景を取材すると、空の向こうで深刻な事態が起きていることが明らかになってきました。

    〈きっかけは「ゴミ」〉

    宇宙を監視する専門の部隊について、防衛省は3年前、「宇宙開発利用に関する基本方針」を改訂。
    「宇宙監視を任務とする専従の組織を設置できるよう検討する」と盛り込み、検討を進めてきました。

    きっかけは、宇宙を漂う「ゴミ」でした。


    今から60年前、1957年にソビエトが人類初の人工衛星「スプートニク」を打ち上げてから、
    各国は、気象観測や情報収集、それに通信や放送などの衛星を競うように打ち上げ続けてきました。

    国連宇宙部によると、これまでに世界各国で打ち上げられた人工衛星は、ことし2月時点で7600機を超え、
    地上に回収されたり高度が下がって落下したりしたものを除いて、現在も4400機以上の人工衛星が軌道上を回っています。

    こうした中、使用が終わった衛星や打ち上げた際のロケットの部品、
    それに壊れた燃料タンクの破片などが同じように軌道上を回り始め、これが、「スペースデブリ」=「宇宙ゴミ」となっているのです。

    〈ゴミは幾何級数的に増加〉


    長年、宇宙ゴミへの対策などを研究してきた防衛研究所の政策研究部長の橋本靖明さんです。

    橋本さんによると、こうした宇宙ゴミは「幾何級数的に」増え続け、
    地上から観測できる10センチ四方以上の大きさの宇宙ゴミだけでも、2万個以上が軌道上を回っているといいます。

    加えて、各国が打ち上げる人工衛星は、観測などに使い勝手がよいとされる、
    地球から高度1000キロ以下の「低高度周回軌道」と、高度およそ3万6000キロの「静止軌道」に集中していて、
    この軌道上にゴミが漂っているのです。

    では、稼働している人工衛星にとって、これらのゴミはどのくらいの障害となるのでしょうか。

    橋本さんは「銀座の大通りにガラスのかけらがたくさん落ちていて、そこをはだしで歩くようなものだ」と危険性を指摘します。

    「人工衛星は、引力に負けないように非常に速く、秒速7キロほどで飛んでいます。
    東京ー大阪間を1分ほどで飛ぶスピードです。
    このスピードで10センチ四方の破片がぶつかると人工衛星は致命的な破壊を受けます。
    数十億円、数百億円かけた人工衛星が『ゴミ』1つで寿命が尽きてしまうのです」

    人工衛星が正常に稼働しなくなることは、私たちの生活にとっても、無関係ではありません。
    最悪の場合、携帯電話の位置情報や車のカーナビ、天気予報、テレビの衛星放送など、
    身近にある情報が一瞬にして失われる可能性があるのです。

    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_1129.html

    【きっかけは「ゴミ」自衛隊が遂に宇宙防衛に乗り出す 】の続きを読む

    d22c1e00b69b49aea243d9f8efa4d073

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512189978/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 13:46:18.10 ID:CAP_USER BE:822935798-PLT(12345)
    暗黒物質探査衛星「悟空」の科学成果が発表
    2017-11-30 16:46:45

    暗黒物質探査衛星「悟空」が世界で最も精確な高エネルギー電子宇宙線エネルギー・スペクトルを獲得しました。この衛星の電子宇宙線のエネルギー測量範囲がより広くなるため、科学者による宇宙観測の窓口がより大きくなりました。
    衛星観測に基づいた成果が北京時間11月30日に、科学誌「ネイチャー」のウェブサイトに発表されました。

     天文観測によれば、宇宙中の暗黒物質は現在人類が知っている普通物質の5倍ぐらいで、暗黒物質と暗黒エネルギーの総量は宇宙のエネルギー総量の95%を占めているということです。(玉華、koiusei)
    http://japanese.cri.cn/2021/2017/11/30/241s267491.htm

    概要 Natureより
    https://www.nature.com/articles/nature24475

    論文 arXivより
    Direct detection of a break in the teraelectronvolt cosmic-ray spectrum of electrons and positrons
    https://arxiv.org/abs/1711.10981

    【【宇宙】暗黒物質探査衛星「悟空」の科学成果が発表 世界で最も精確な高エネルギー電子宇宙線のスペクトルを観測 】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512220739/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 22:18:59.48 ID:CAP_USER
    米探査機ボイジャー1号、37年ぶりエンジン作動
    2017年12月2日 14:57 発信地:ワシントンD.C./米国

    【12月2日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は1日、1977年に打ち上げた探査機「ボイジャー1号(Voyager 1)」の噴射エンジンを37年ぶりに動かすことに成功した。
     
    太陽系外惑星を探索するために40年前に打ち上げられた無人探査機ボイジャー1号は、人類史上、地球から最も遠くを飛行する人工物となっている。だが、地球との通信を続けるためにはアンテナの向きの微調整が必要となっていた。「地球から130億マイル(約210億キロ)離れた位置では、近くに調整を行う修理工場もない」とNASAはプレスリリースで表現。
     
    NASAのジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)の専門家チームは、1980年11月8日を最後に使用していなかったバックアップエンジンを作動させることにした。主任エンジニアのクリス・ジョーンズ(Chris Jones)氏によると「ボイジャーのフライトチームは何十年も前の古いデータを掘り起こし、旧式のアセンブリ言語でデータ化されたソフトウエアを検討し、エンジンを確実に安全に試験できるようにした」という。
     
    チームは先月28日にエンジンを試験始動。19時間35分後にテスト結果が、米カリフォルニアのゴールドストーン(Goldstone)に設置されているアンテナに届き、エンジンがうまく作動することを確認した。
     
    バックアップエンジンが使用可能なことが判明したおかげで、ボイジャー1号の寿命は2~3年延びたという。NASAはバックアップエンジンの同様のテストを、同じく77年に打ち上げたボイジャー2号(Voyager 2)でも行う見込みだ。
     
    ボイジャーからは現在も毎日データが届いており、今後約10年間はデータが送られてくることが期待されている。プルトニウムの原子力電池を動力源としているボイジャーは、電池の寿命が尽きるまで航行し、その後は天の川銀河(Milky Way Galaxy)の中心で周回を続けることになる。(c)AFP

    ▽記事引用元:AFPBBNews 2017年12月2日 14:57 発信地:ワシントンD.C./米国
    http://www.afpbb.com/articles/-/3153900
    no title

    【【宇宙探査】1977年に打ち上げた探査機「ボイジャー1号」 37年ぶりエンジン作動成功/NASA 】の続きを読む

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512223342/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 23:02:22.67 ID:CAP_USER
    駿河湾で深海魚の新種を発見し日本魚類学会発行の学会誌『Ichthyological Research』のオンライン版に掲載されました
    2017年11月30日

    海洋学部水産学科の福井篤教授の研究室に所属する村﨑謙太さん(大学院生物科学研究科博士課程1年次生)らのグループが、静岡県駿河湾で採集したクサウオ科の深海魚の1新種を「Careproctus surugaensis Murasaki, Takami and Fukui, 2017(標準和名:スルガビクニン)」と命名し、11月22日に日本魚類学会発行の学会誌『Ichthyological Research』のオンライン版(https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10228-017-0611-6)に掲載されました。

    福井研究室では2000年から毎月3日ほど、小型舟艇「北斗」(総トン数18t)を用いて駿河トラフで「深海近底層調査」を行っており、仔魚から成魚までを採集できる方法を開発。今回の「スガルビクニン」は三保灯台から約10km沖の駿河湾北部、水深1450~1570mの地点で2015年10月28日に採集されたものです。それから約2年かけて調べ、これまで知られているコンニャクウオ属128種とは脊椎骨数などの計数形質、歯が三葉形であること、鰓孔下端と肛門の位置、腹吸盤の大きさ、黒色を帯びた腹腔と淡いオレンジ色の体などが異なることから、新種として報告しました。
    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:東海大学 海洋学部 2017年11月30日
    http://www.u-tokai.ac.jp/academics/undergraduate/marine_science_and_techno/news/detail/ichthyological_research.html
    標準和名:スルガビクニン
    深海魚 (2)_525

    【駿河湾で新種の深海魚クサウオ科コンニャクウオ属「スガルビクニン」を発見】の続きを読む

    ph_thumb

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512150457/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/02(土) 02:47:37.77 ID:CAP_USER
    私たちの地球に生命が存在しているのは、様々な条件がそろっているからにほかならない。
    そのうちのひとつが土である。そこでは、豊富な養分や細菌、菌類が複雑に混じり合っており、
    植物の成長を助ける。対して、火星の土では生命が見つかっておらず、
    人体には毒となりうる物質が多く含まれることがわかっている。

     人類の火星への移住を目指して競争が繰り広げられるなか、たどり着いてからどうやって生きるか、
    そして食べていくかが大きな課題となっている。火星で持続的に作物を育てることは可能だと科学者は考えているが、
    そのためにはまず火星の土壌を作り変えなければならない。
    オランダのワーヘニンゲン大学の生物学者であるビーガー・バーメリンク氏は、ミミズがそれを手伝ってくれるという。


     2013年からこの研究を続けるバーメリンク氏は、火星の土に似せて作られたNASAの模擬土を使って実験を行っている。
    その土のなかにできたミミズのコロニーで、最近2匹の子ミミズが誕生した。


     今回の成果は、ミミズが火星の土壌を再現した土で生きられるというだけでなく、繁殖も可能だということを意味している。
    地球上ではミミズは農業に欠かせない存在だが、研究者は、
    いつの日か他の世界でも同じことが可能になるかもしれないと期待している。

    〈ミミズはえらい〉

     火星で農業を実現するには、作物のいかなる部分も無駄にはできない。ミミズは、植物の茎や葉などを分解する働きを担う。
    それが、次に作物を育てるための栄養になる。
    他にも、土のなかにできたミミズの通り道は、植物の根へ水が均等に行き渡るのを助ける。

    「ミミズは土の上にある有機物を食べ、細かく砕き、排泄します。
    すると、細菌がそれをさらに分解します。ミミズがいなければ、土の栄養は底をついてしまいます」と、バーメリンク氏は説明する。

    「火星では、何も失うわけにはいきません」

    続きはソースで

    ナショナルジオグラフィック日本版
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/113000466/

    【「火星の土」でミミズの繁殖に成功】の続きを読む

    ad555dc88867bf022f829ddb0be47177

    元スレ:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1512111967/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/01(金) 16:06:07.329 ID:12EZvQh/0
    1光年先まで延ばして引っ張れば一瞬で1光年先で変化が起きるやん

    光速を超えるものあるやん

    2: 以下、VIPがお送りします 2017/12/01(金) 16:06:48.575 ID:jj+WNT9v0
    やってみないと分からない

    3: 以下、VIPがお送りします 2017/12/01(金) 16:07:14.067 ID:lxhVT2D1M
    バタフライエフェクトかな

    4: 以下、VIPがお送りします 2017/12/01(金) 16:07:21.738 ID:Id5snquWr
    伝わるのにも時間かかるんじゃねーの

    5: 以下、VIPがお送りします 2017/12/01(金) 16:08:29.479 ID:QSyrgNCD0
    波にも速さはあるんだよ

    6: 以下、VIPがお送りします 2017/12/01(金) 16:08:39.350 ID:omDg/H4ba
    糸じゃなくて超硬い棒にしたら伝わる時間もかからないんじゃね?

    7: 以下、VIPがお送りします 2017/12/01(金) 16:11:44.485 ID:cyIgi6SK0
    >>6
    惑星ビリヤードって事か

    【物凄い長い糸を宇宙に投げ出してさぁ 】の続きを読む

    cover-nature1

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512113011/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/01(金) 16:23:31.40 ID:CAP_USER
    ネイチャーは日本の状況を、「このワクチンの信頼性を貶める誤った情報キャンペーンが全国的に繰り広げられた」と厳しく批判。

    2017/12/1 10:30
    Naoko Iwanaga
    岩永直子 BuzzFeed News Editor, Japan


    HPVワクチンの安全性を検証する発信を続けてきた医師でジャーナリストの村中璃子さんが11月30日(ロンドン時間)、
    イギリスの一流科学誌「ネイチャー」元編集長の功績を記念したジョン・マドックス賞を受賞した。

    同賞は公共の利益のために科学や科学的根拠を広めることに貢献した人に贈られている。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/rikomuranakajohnmaddoxprize?utm_term=.tebwrDmbY#.pkL4yXEWq

    【海外の一流科学誌「ネイチャー」 HPVワクチンの安全性を検証してきた医師・ジャーナリストの村中璃子さんを表彰】の続きを読む

    • カテゴリ:
    58fa4cdd

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512124765/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/01(金) 19:39:25.94 ID:CAP_USER
    脳に電極を埋め込み電気刺激を送ることでPTSDや気分障害を治療する、というまるでSF作品のようなプロジェクトが進行中です。
    アメリカの国防高等研究計画局(DARPA)によると、このプロジェクトは臨床試験の段階に入っており、
    実際に有効な治療法として確立する可能性も高いと見られています。

    AI-controlled brain implants for mood disorders tested in people : Nature News & Comment
    http://www.nature.com/news/ai-controlled-brain-implants-for-mood-disorders-tested-in-people-1.23031


    2014年、DARPAは脳に埋め込んだ極小チップで電極刺激を与えて心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの治療に役立てるというプロジェクトを発表しました。

    2017年11月11日(土)から行われたアメリカ・ワシントン州で行われたSociety for Neuroscienceの学会で、
    このプロジェクトが臨床試験の段階に入ったことが発表されました。

    上記のような脳深部刺激療法は通常、パーキンソン病の治療に使われますが、これまでの研究では気分障害には効果がないとされていました。
    脳の特定部位に一定の刺激を与えると慢性うつ病を軽くすることはできるという結果も示されていますが、
    ある研究に携わった90人のうつ患者は、1年にわたって治療を行っても病状の改善が見られなかったとのこと。

    しかし、DARPAが支援するカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のプロジェクトでは
    、インプラントは精神病の治療に特化した形で開発され、必要な時にだけスイッチが入るように設計されていることから、
    これまで失敗してきた取り組みにも成功するかもしれない、と見られています。
    UCSFが開発した閉回路の脳インプラントはアルゴリズムを使って気分障害と関連するパターンを自動検知し、
    電気刺激を与えることによって脳を健康な状態に戻す仕組みです。

    UCSFの脳神経学者Edward Chang氏らは、6人のてんかん患者の脳に電極を埋め込み、
    1~3週間にわたって脳の活動や彼らの気分を観察。ここで得た情報から、
    研究者らは脳の活動によって患者の気分をデコードするアルゴリズムを作成しました。
    すでに1人の患者に対象して臨床試験を行ったそうですが、あくまで「予備的な」実験だったため詳細は公開されていません。

    またDARPAはマサチューセッツ総合病院(MGH)が取りかかる、
    PTSDやうつを患う兵士や退役軍人の治療を最終目的する別のプロジェクトも支援しています。

    MGHのプロジェクトはUCSFのように人の気分や精神病を検知するのではなく、
    「集中や共感が困難」といった複数の気分障害に共通する行動と関連する脳の活動をマッピングするというもの。
    そのため、患者が他人の感情の読み取りに失敗したり、
    画像や数字の合致に失敗したりといった行動が起こった時に刺激を与えるようインプラントのアルゴリズムが設計されています。
    これまでの実験の結果、意志決定や感情に関係する脳の部位に電気刺激を送ることで、
    患者のパフォーマンス向上が見られたとのこと。

    長期にわたって閉回路の刺激を与えるという今回のアプローチは、
    過去の治療法よりもよい結果を生み出すと考える精神科医もいます。
    医師の判断ではなく脳信号を読み取るアルゴリズムを使用する点も、これらの治療法が有望であると考えられる一因のようです。
    ただし、脳に電気刺激を送るという治療内容には倫理的な問題や、
    他の気分を圧倒するほどの過度な幸福感を生み出してしまうのではないか、という懸念もあがっています。

    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20171124-ai-brain-implant-mood-disorders/

    【脳に電極を埋め込み電気刺激で精神病やPTSDを治療する計画が臨床試験へ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    sampling

    元スレ:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1512125000/

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/12/01(金) 19:43:20.92 ID:CAP_USER
    〈ルビジウムとレーザーを用いて量子ビットを作製〉

    米マサチューセッツ工科大学は29日(現地時間)、ハーバード大学の研究者と共同し、
    世界初となる51量子ビットをもった量子コンピュータ作製の成功を発表した。
    極度に冷却したルビジウム原子に高度に制御したレーザーを照射することで量子ビットとするこの手法は、
    現在研究されているほかの方法と比較して大規模化が容易であると考えられ、飛躍的な計算能力の向上が望めるという。

     量子コンピュータを構成する量子ビットには「0」と「1」という状態を同時にとる「重ね合わせ」状態となることが要求される。
    また、各々の量子ビットが全て相互的に作用できることが必要とされる上、実用的にはその状態をコントロールする必要があるという課題があった。

     先行する研究には、イオンや、意図した量子的な性質をみたすような人工原子を用いるものがある。
    しかし、前者は電荷を帯びており、その電気的な作用が邪魔になる。
    一方、後者では人工原子を精度良く生成することが困難であることから、
    量子ビットを次々に増やし計算能力を大規模化することが困難になるという課題があった。

     そこで、研究者らはルビジウムとレーザーを用いることでこれらの問題を解決した。
    ルビジウムは陽子と電子の数が同じ「中性原子」であり、イオンと異なり、
    互いに反発などを生じない望ましい電気的な性質をもっている。

     さらに、レーザーはルビジウム原子を「捕獲」するために用いられるのだが、
    レーザーの周波数やエネルギーを制御することで個々の原子の状態を制御することに成功した。

     レーザーは3種類用いられる。1つ目は極冷により、原子をほぼ静止状態に「固定」するためで、もう1つは100以上に分光され、
    個々の原子を固定し、量子ビットを望んだ配列に捕獲する。

     いったん整列された量子ビットは、各量子ビットを操作するために、原子を捕獲しているレーザーの周波数をオフにし、
    3つ目のレーザーを加え、リュードベリ状態という通常より高いエネルギーを持った状態に入り励起される。
    そして原子を捕獲するレーザーを戻し、最終状態を検出する。

     原子を励起するビームの周波数や色だけでなく、捕獲された原子の配置を変えることで、
    原子間の相互作用を変化させられるとしており、このため、大規模化が容易であり、
    数百量子ビットまで拡張可能であると考えている。

     なお、この研究は夢の技術とされる「汎用量子コンピュータ」でこそないものの、
    レーザーによって量子ビットの状態を比較的容易に制御できるため、
    解く問題の設定は少なくとも容易にできるという点では画期的だ。

     とくに、研究者らが適用を考える「最適経路探索問題」や「組み合わせ最適化」は、
    要素数に対し指数的な計算時間を要する問題も多く、商用化できれば実務上にも大きな影響を与えうる。

     こうした計算負荷の高い問題として「巡回セールスマン問題」などが知られているが、
    ネットワークにおける最短経路探索や、組み合わせの問題は地図サービスやネットワーク設計で用いられ、
    素因数分解の高速な実行は暗号の強度などとも密接に関係している。

    PC Watch
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1094404.html

    【世界初51量子ビットの量子コンピュータをMITとハーバードの研究者らが実現】の続きを読む

    このページのトップヘ